HOME雛人形の収納と片付け方

作法を学ぶ!情操教育の一環を担う「ひな祭り」

なぜ「早く片付けないと、お嫁さんに行けない」の? 

雛人形 片付け
情操教育の一環としてお考え下さい。季節の節目の飾りものですし、いつまでもお片付けせずにいてはだらしないと、戒めた言葉です。お母様がお嬢さまに日本の四季を愛しむ心や雛人形を美しく飾ること、丁寧にお仕舞いする方法を教えることは大切なことです。幼い頃に学んだ作法は、女性として人生のあらゆる場面で役立つ大きな糧となることでしょう。ひいては、そのような環境でお育ちなれば、早くに良縁に恵まれるということでしょうか。
やがては美しい娘に成人され、立派な母となり、そしてわが娘にも「美しい日本の心」を語り聞かせる日がおとずれることでしょう。

また、結婚とは別に早くお仕舞いしたほうが良いとされる理由がもうひとつ。 ⇒(…続きを読む)


末永くお飾りするためには、丁寧におしまいしましょう

片付けの時期と収納の仕方

@三月三日が過ぎたからとあわててしまうよりも、良く晴れて乾燥した日を選びます。カビ防止のため湿気は大敵です。
A毛バタキで人形や道具に付いたホコリを丁寧に落とします。ただし、お顔は傷みやすいのでハタキが直接当たらないようにご注意下さい。

B人形のお顔はティッシュなど柔らかい紙(化粧用コットンなどを当てればなお良い)で包み、傷まないようにします。素手でお顔を触ると手脂でシミになりますので、メンテナンス用の手袋を使用しましょう。髪型の崩れには十分気をつけて下さい。


C衣装は型崩れをしないように収納するのがポイントです。特にお姫さまや官女の袖やすそ部分はシワになりやすいので注意します。 人形を箱の中に納めるときは隙間にやわらかい紙(なければ丸めたタオルでも)などを程良くつめ、中の人形が動かないようにします。防虫剤を使用する際は、適量を守りなるだけ人形に触れないようにお入れください。
Dメーカーにより収納の仕方が多少違いますので、初めてお出しする時には順を追って写真を撮り、それを人形やお道具の箱の中に保存しておけば毎年迷わずにすみます。特に、収納飾りセットは、要注意です。
どうしても収まりきれない場合は、販売店にお持ちすると親切に教えていただけると思います。

防虫剤の使用の仕方

衣料品用ではなく、「おひな様」用の防虫剤をご使用ください。主に、ピレスロイド系(エムペントリン)の防虫剤が多く、金糸や銀糸、プラスチックなどにも影響がでにくいタイプです。防虫剤は適量を守り二種(樟脳とナフタリンなど)併用を避ければ、末永く美しいお雛様を飾ることが出来ます。

収納の場所など

人形は、カビが大敵です! 湿気が多い住居では、例えば押し入れの上段や天袋など の比較的湿気の少ない高い場所に保管します。 秋口のよく晴れた日に虫干しして、乾いた空気と風に当てればなお良いでしょう。時間的な余裕がない方は、押入を開放し人形のフタを開けるだけでも違うと思います。
そして、なによりも一年に一度、桃の節句には必ずお飾りして無事の成長や健康を祈念しながらお祝いしましょう。
このページのトップへ