HOME緋もうせんと金屏風

人気急上昇!「赤もうせんと金屏風」で飾るお雛さま 

おひな様のもうせんは、どうして赤色?

古来、「赤」は生命の躍動を現すとともに、災厄を防ぐ色とされてきました。神社などの建物に赤が使われているのは、そのためです。
魔除け、つまり病気や災害のような悪いことが起きないようにと使ったのが赤色なのです。無事の成長を願う「おひな様」も同じ考えからです。

このスタイル、時代遅れと思っていませんか?

最近では豪華な家具調の飾り台セットに押され「なつかしいですねぇ〜」と言われてしまいます。
しかし、本来は、お雛様の意味合いとともに、流行に左右されない不動のスタイルです。
この「緋毛せんと金屏風」セットには、家具調の飾り台 にはない様々な魅力があり、人形主体の美しさにこだわる方には人気があります。
このページのトップへ

「赤毛せんと金屏風」のメリットとは? 

【全体的な特徴】

〜「豪華」というよりも「品格」を大切にした飾り〜

石川潤平工房 夢香雛
シンプルなので「和」「洋」どちらのタイプのお部屋でも似合います。まずは、主役である人形選びに重点をおき、お道具類は最小限にとどめスッキリとお飾りするのがポイントです。「一生もの」とお考えの良質なお雛様は、脇役などがなくとも十分存在感がありますので主役にこだわるお客様には、ぜひおすすめのスタイルです。

【意味合い】 

〜 わが子の幸せを願う、親の深い愛情を表現 〜

古来、もうせんの「赤色」は魔除けを意味し、屏風の「金色」はお子様が将来歩むべき道を明るく照らすものとされてきました。。

【効 果】  

〜 美しく、華やかな見映え〜

六曲・八曲などの金屏風は、その乱反射により手前にお飾りした人形をさらに美しく見せてくれます。
また、お部屋の中も女の子の「おまつり」にふさわしい、より華やかで特別な空間を演出してくれます。

【管理面】 

〜 永年の管理が楽!〜

最小限のお道具と人形だけなので、お飾りも収納もとにかく楽です。また、緋毛せんは、家具調飾り台のようなキズなどの心配が少ないため、永年の管理がしやすいのが特徴です。

【コスト面】

 〜 比較的、お得感あり!〜

お品や大きさ、組み合わせなどにもよりますが、家具調の豪華な台よりもコストを押さえられる場合があります。 同じご予算内でお考えの場合は、主役であるお人形のグレードアップを図りやすいのも魅力です。
このページのトップへ

飾り台や屏風を使用しない「逸品飾り」 

収納・飾る場所にお悩みでしたら、ぜひ!

逸品飾り 石川佳正作「平成古典雛」逸品飾り逸品飾り
おひな様は、お嬢様の「一生の宝」です。飾る場所がないからとあきらめていませんか?
上の画像は、省スペースでご予算的にもお得な飾り方の一例です。 タンスやボードの上に緋毛せんを敷きお雛さまをお飾りします。ぼんぼりや屏風・台などをご用意せず、主役である「人形」本位のシンプルなお飾りです。ちょっとお庭の花を添えたり、お手持ちのタペストリーで素敵にアレンジされてもよろしいでしょう。もちろん、あとで屏風や飾り台などを購入することも可能ですのでご相談下さい。
このページのトップへ

生活スタイルに合わせた飾り方

石川潤平工房 夢香雛石川潤平工房 夢香雛石川潤平工房 夢香雛
@飾る場所に応じて、高さを二段階(28cm・53cm)に調節可能です。(廊下・和室・リビングにて)
Aコンパクトに収納できる木製自在台を使用しています。
Bお好みで、ぼんぼりやお花、お道具などが選べて“お嬢様だけの”オリジナルセットもご用意できます。