HOME五月人形( 兜平飾り)― 田中人形

大成成就に願いを込めて!「兜(かぶと)」平飾り

群馬県 兜飾り 真田幸村 群馬県 兜飾り  群馬県 兜飾り  群馬県 兜飾り 直江兼続 群馬県 兜飾り 群馬県 兜飾り  群馬県 兜飾り  群馬県 兜飾り 徳川家康 群馬県 兜飾り 織田信長 群馬県 兜飾り  群馬県 兜飾り 伊達正宗 群馬県 兜飾り 上杉謙信 群馬県 兜飾り  群馬県 兜飾り 直江

  田中人形オリジナルセットのご案内

@税込み価格表示です。他、多数展示中!
Aサイズ表示 (間口×奥行き×高さcm)
B店頭にて、さらにお祝い(お値引き)致します。
 ※ズバリ価格は、お値引きできませんことご了承願います。
C「鎧」「兜」単品でも販売可能です。
Dオリジナルセットも!飾り台・屏風などアレンジ自由。
E家紋名前の木札・陣羽織他のサービス品もご用意。
 ※商品によりサービス品が異なりますことご了承願います。
F店内で実物確認のうえ全国発送承ります。
お節句飾りは、感性に訴えかけるお品として「通販」はご遠慮願っております。

  兜(かぶと)飾りセットの特徴

頭(トップ)に立つ人物に…大成成就に願いを込めて

格調のあるお飾りです。コンパクト重視の収納箱タイプよりも空間バランスが良く、しかも品質にこだわった兜が多いため品の良いお飾りとして末永く楽しめます。飾る手間は鎧よりも簡単であるということは言うまでもありません。収納飾り・ケース飾り同様、お飾りする際はテーブルやボードが必要となります。
間口50〜70cm・価格は4〜5万円より。

 時代考証的に、どちらのタイプがお好みですか? 

「儀式用の大鎧」色彩や金物が美しく全体的に華やか

〜「節句飾り」は鎧を奉納することに由来〜

兜飾り

騎乗の上級武将が着用した鎧をモチーフに制作されたお飾りです。 精巧な純金鍍金の金具・細かい編み目や色彩にこだわった縅(おどし)糸は甲冑の歴史上最高峰の美しさといわれ、その成り立ちから格の最も高い正式な鎧とされました。 本来の節句飾りは、国宝・重要文化財で現存する主に神社に奉納された平安から鎌倉期の「大鎧」を参考に作製されてきました。お子様のお祝いですから、戦いの道具を飾るというよりも、自己の命を守る神聖なものであり、かつ、神に祈りや感謝の意を込め捧げた崇拝すべきものを飾るとの考えからです。節句飾りの由来にこだわる方には、根強い人気がございます。
画像は、「赤糸威し兜・中鍬形」

「健康祈願」としてお飾りする「鎧・兜飾り」をご参照下さい。


「戦国武将の胴丸鎧」シンプルで渋めな格好のよさがある

〜「強く、たくましく」と願いを込め 〜

兜飾り

戦いでの身体防御として鎧・兜は身を守る大切な役目をもっていたため、今日では、その精神を大事にと制作されたお飾りです。戦国期になると実用性を追求するため壮麗なデザインは簡略化され華やかな色目も消えていきました。その一方で、鍬形などに個性的なデザインを施し、敵味方識別の必要性や戦場での自己顕示を目的としたものが増えていったのです。大切な「命」を守る防具として、また、日本の新しい未来を築くために戦った名武将たちのように、強く、たくましく…と願いを込めたお飾りです。天下を執った「徳川家康」を筆頭に「伊達政宗」「上杉謙信」「武田信玄」など。名武将の人物像に、こだわりたい方にはおすすめです。
画像は、「直江兼続公兜」

このページのトップへ