HOME五月人形(力石作 兜・鎧)― 田中人形

力石 鎧秀・甲人作「平安・鎌倉期の国宝大鎧」 

力石作「大鎧」 田中人形オリジナルセットのご案内

@税込み価格表示です。
Aサイズ表示 (間口×奥行き×高さcm)
B店頭にて、さらにお祝い(お値引き)致します。
C「鎧」「兜」単品でも販売可能です。
Dオリジナルセットも!飾り台・屏風などのアレンジ自由。
E家紋名前の木札・陣羽織他のサービス品もご用意。
Fお子様のお守りとしてお飾りするお節句飾りは、店内で実物確認のうえ全国発送は無料です。
G他、多数展示中です!

美しく再現! 平安〜鎌倉時代の「大鎧・奉納型」

「大鎧」は騎乗の上級武将が着用した、主に「儀式用」の鎧

大鎧飾り 奉納型
精巧な純金鍍金の金具・細かい編み目や色彩にこだわった縅(おどし)糸は甲冑の歴史上最高峰の美しさといわれ、その成り立ちから格の最も高い正式な鎧とされました。 本来の節句飾りは、国宝・重要文化財で現存する神社に奉納された平安から鎌倉期の「大鎧」を参考に作製されました。主に合戦用というよりは儀式用の晴れ着として使用されたものです。お子様のお祝いですから、戦いの道具を飾るというよりも、神に祈りや感謝の意を込め捧げた崇拝すべきものを飾るとの考えからです。節句飾りの由来にこだわる方には、根強い人気がございます。

「奉納型」独特なスタイルとは?

鎧飾り
武士の時代、自らの志を願い叶えたい時、又は叶った時、神に祈りや感謝の意をこめ神社に奉納されたといいます。 奉納鎧には人肌に密着した面あて、臑あて、毛ぐつ、下着に類似するものは奉納されていません。従って、独特の重圧感、威圧感がないのが特徴です。

「鎧が怖くて、飾るのがイヤ…」という方にも大人気!

鎧飾り
精巧な純金鍍金(めっき)金具や細かい編み目・色彩にこだわった、美しい作品です。 先人の知恵までも細部にわたり表現されているためシンプルですが存在感は十分です。健康を祈願する「節句飾り」は鎧を神社に奉納するしきたりに由来しているため、合戦用ではない荘厳な美しさを極めた鎧・兜は純真無垢なお子さまへの贈り物としては最適と言えます。

自己啓発のための華やかな威し糸や純金鍍金が美しい。

力石甲人・鎧秀ならではの卓越した技で、「国宝」として現存する平安・鎌倉期の大鎧を美しく再現したものです。鏡面仕上げされた純金鍍金(メッキ)や精巧な透かし彫り、美しい色目が特徴です。

兜兜兜兜兜
曙糸威
夜が明ける一瞬の空模様をあらわす。つまり物事の始まりを意味する。
赤糸威
太陽を意味し、魔除けや活力の源とされる。一番目立つ色目は、大将たるにふさわしい。
白糸威
「何者にも、染まらない!」と自己の強い意志と潔白を表現。神々しい純白が美しい。
紫裾濃糸威
菖蒲の花の色。“菖蒲”の読みを"勝負""尚武"と掛け、武士道の精神を表現。
縹肩白糸威
生命の源、深海の色。強い意志と潔白をあらわす白色とのコンビがおしゃれ。

このページのトップへ